住所:高知県宿毛市平田町中山

      宗派:真言宗豊山派

      本尊:薬師如来

      真言:「おん ころころ せんだり まとぅぎ そわか」

      詠歌:「南無薬師 諸病悉徐の 願いこめ 詣る我が身を 助けましませ」

      縁起:奈良時代、聖武天皇の勅を奉じた行基菩薩が薬師如来を刻んで本尊とし、お堂を建てたのがはじまりです。のち、弘法大師はこちらに永くおられ、脇仏として日光、月光菩薩を刻まれました。水が乏しいので、大師が杖で地面を叩いて祈られましたところ、水がわき出たと伝えられ、その跡は今も残っています。
延喜年間、赤い亀が竜宮から釣り鐘を背負ってきたと伝えられており、山号を赤亀山と言うのは、この伝説に由来するものです。釣り鐘は今から1070年位前の延喜11年(911年)に造られたという銘がある大変古いもので、国宝に指定されております。






inserted by FC2 system